KATAZINO’s blog

日出づる国の未来を切り拓くすべての人たちへ

数秘術で偉人をリサーチ 高橋是清【誕生数① 日本】Research the great with numerology "Takahashi Korekiyo" 【№① JAPAN】

数秘術で偉人をリサーチ Research the great with numerology     

f:id:KATAZINO:20200209063651j:plain

      

 高橋是清(たかはしこれきよ)【誕生数①日本】

 

今年もまた2月26日が近づいてきました。 

84年前の2月26日・・・、

 

そう、あの226事件

 

これも深々と雪が降る26日に起こった事件でしたから、当然、なんらかの天意が働いていたのでしょう。

 

 この日、凶弾に倒れた高橋是清翁に捧げます。

 

どうか、21世紀の日出づる国の未来をり拓くすべての人たちを導いてくれますように・・・。

 

とくに誕生数が①の人は是清さんと同じくらいの年齢の時に人生の転機となるような出来事がやって来ることでしょう。(36才、45才、54才前後)

 

※誕生数は自分の誕生日の年月日を全部足します。一桁になるまで続けて出てきた数字です。

 


高橋是清(たかはしこれきよ 1854.9.19〜1936.2.26)

 

f:id:KATAZINO:20200302002615p:plain f:id:KATAZINO:20200209064036p:plain

 

【誕生数; 1】1854.9.19⇒9.1.1&1

リーダーの中のリーダー。生まれながらのリーダーであり真のリーダー。宰相になるべくして生まれてきたような人。維新直後の日本が近代国家の仲間入りを果たし、かつ偉大な政治的リーダーに最短距離でなるよう、純粋培養されたかのようだ。常人離れした行動力、決断力と類まれなる直観力を持っていただろう。

 

【運命数; 7】高橋​​是清⇒2.5.7

好奇心旺盛で社交的な印象を与えるが意外と控えめで優しい性格。繊細かつ敏感で鋭い直観力洞察力も持つ。

人生において失望が学びの機会となる。とくにカルマナンバーの16があるので“信頼”にまつわる学びが訪れる。ちょうど人生の第一期の最後の年に起こったペルー銀鉱山事件のように。

 

【実現数; 8】1 + 7 = 8

高い地位を目指して努力する人。中年以降に権力、権威、もしくは財政的な報酬を手にする。

  

【頂点数と試練数】36-1 = 35

f:id:KATAZINO:20200209121739p:plain

第一期は36歳の誕生日の前日まで。

35歳から36歳になる直前まで、高級官僚を辞しペルーに銀鉱山投資の責任者として行っていた。ペルー到着後しばらくして、銀鉱山が詐欺であることが明るみになり、その解決に全力を尽くし被害を最小限に抑え込んだ。

 

高橋是清でなかったら、被害額は何倍~何十倍にもなっていたと言われていて、その事後処理手腕は非常に高く評価されたが、日本国内では詐欺師扱いだった。帰国後はしばらくホームレス状態だったようです。

 

45歳になる年、日銀副総裁に就任。

 

53歳になる年、男爵授爵。

 

45歳以降は試練数が『0』。82歳で凶弾に倒れるとはいえ、それまで総理大臣をはじめ大蔵大臣、商工大臣や農林大臣を歴任し、無双状態と述べるほどの活躍ぶりでした。

 

日本が世界恐慌を世界でもっとも早く脱出できたのは是清翁の手腕の賜物だったと言われています。風貌が丸くて親しみやすかったため、みんなから 『ダルマさん』と呼ばれた。

 

いまなお財政家として、世界的な評価も高い。

 

 

 

※メモ

 

 A;誕生数

  f:id:KATAZINO:20200209064451p:plain

      f:id:KATAZINO:20200209064505p:plain

 

 B;運命数

  

 

f:id:KATAZINO:20200209064521p:plain

      f:id:KATAZINO:20200209064534p:plain

 

 

 C;実現数

  

   実現数=誕生数+運命数= 1 + 7 = 8

 

 

 

※参照


ja.wikipedia.org

 

 

www.amazon.co.jp

 

 

あとがき

 ***********************************************************************************

 生まれた時から波乱万丈の人生だった是清さん。

 

10代前半でアメリカに渡り、手違いで奴隷として売られてしまう。が、結果として英語がペラペラになって読み書きもマスターして帰国。

 

帰国後は仕事は引く手数多で、嫌になって辞めてもすぐに次の仕事が見つかった。しかもかなりの高給で。

 

そうしてなんだかんだで日銀の幹部にまで出世し、日露戦争時にはイギリスに渡り、なかなか買い手が別途なかった戦時国債を売り戦費を調達した。

 

なかなか売れなかったのは、日本がロシアに勝つなんて誰も夢にも思っていなかったから。敗戦国がお金を返せるわけがない、というのが世界の常識だった。

 

いま、日本がロシア領でないのは是清さんの力に負うところ大なのです。詳しく知りたい方はウィキペディアをご覧ください。

 

もしくは中公文庫から出版されている『高橋是清自伝』もおススメです。