KATAZINO’s blog

日出づる国の未来を切り拓くすべての人たちへ

数秘術で偉人をリサーチ 東郷平八郎【誕生数④ 日本】Research the great with numerology "Togo Heihachiro" 【№④ JAPAN】

秘秘術で偉人をリサーチ Research the great with numerology

f:id:KATAZINO:20200302000356p:plain

東郷 平八郎(とうごうへいはちろう)【誕生数④ 日本】

数秘術で偉人を分析シリーズ、四人目は東郷平八郎提督。

 

日露戦争日本海海戦において、当時世界第2位の海軍力を誇ったロシアのバルチック艦隊を打ち破った提督として世界を驚かせましたが、東郷提督の神がかり的な運の良さは若い頃から有名だったようです。

 

もし平和な時代であれば、東郷さんは優秀な鉄道技術者になっていたのかもしれません。

 

数秘術を通して見ると、東郷さんは平和を愛し、芸術を愛し、手先が器用で、何か役に立つものを製造したり修理したりするのが大好きな職人気質の人で、家族思いの優しい人であったことが良く分かるからです。

 

20代前半の頃、イギリスに留学しましたが、東郷さん自身の希望は鉄道技術者になることでした。

 

しかし、時代がそれを許しません。同郷の大先輩、西郷隆盛に説得されて海軍軍人になるための学校に入学することになったからです。

 

東郷提督の 誕生数は④。

編集
編集
編集
編集
編集
編集
編集
編集

同じ誕生数の人は東郷提督と同じくらいの年齢の時に人生の転機となるような出来事がやって来るかもしれません。(33才、42才、51才前後) 

編集
編集
編集
編集
編集
編集
編集
編集

※誕生数は自分の誕生日の年月日を全部足します。一桁になるまで続けて出てきた数字です。  

 

 

東郷平八郎(とうごうへいはちろう 1848.1.27~1934.5.30)

f:id:KATAZINO:20200216224603p:plain f:id:KATAZINO:20200216224621p:plain

 

【誕生数;4/13】 1848.1.27 → 3.1.4 & 9

 寛容で穏やか、礼儀ただしく謙虚、でしゃばるようなことはせず常に一歩引いて全体を観察している人。その一方でリーダーシップが必要とされる場面ではソツなくリーダーとしての能力を発揮しただろう。

 聡明かつ真面目な努力家でもあり上司には忠実。規律正しく、周りからの信頼も厚く、何事も忍耐強くきめ細かく慎重に対処し行動に移しただろう。手先が器用だったはずでイギリス留学を希望した最初の動機は鉄道技師になることだった。

 しかし同郷の偉大な先輩、西郷隆盛に説得され海軍軍人となるべく約7年間に渡り、根気よくイギリスで修業を積んだ。頑固さが玉に傷であるが晩年その傾向が顕著になっていったようだ。

 

 

【運命数;6】 TOGO HEIHACHIRO → 6.9.6

 芸術を愛し、家族や身内を大事にし面倒見がいい人。生まれつきだれからも好かれ可愛がられただろう。美食家でもありイギリスで食べたビーフシチューが忘れられず、その味を再現しようとして日本で初めて肉じゃがを創作した人とも言われる。

 奉仕する人であり、理想に生きる人であり、法律や伝統を守る人。バランス感覚、判断力に優れていた。責任感が人一倍強かっただろう。

 本来、競争心などなく、安全を求め、他者のために動く人。若い頃から戦場にあり悲惨な光景を目にしていたので東郷は戦争が大嫌いだった。

 

【実現数;1】 4+6=1

 偉大なリーダーとなるべく生まれてきた人。生まれる前、自分に課した人生の目的を果たし天命を全うした。生涯を通じて強運であり、まさしく幸運の女神に守護され愛された人だった。

 

 

【頂点数と試練数】 36-4=32

f:id:KATAZINO:20200216224947p:plain

第1期

10代の時から幕末の動乱に巻き込まれた。1862年(14)薩英戦争に従軍。戊辰戦争では春日丸に乗り込み阿波沖海戦、函館戦争、宮古湾海戦を戦う。この時からすでに東郷は『運がいい』と噂されていた。維新後はイギリスに7年間も官費留学し徹底的に海の男として鍛えられた。これらの経験はすべて偉大なる海軍大将につながっていった。  

 

第2期

30歳で日本に帰国後はさまざまな海軍の軍艦の艦長を務めた。海軍軍人として操艦技術や命中精度など海軍力の向上に努めただろう。38歳から40歳にかけて体調を崩し病気療養が続いた。 

 

第3期

42歳の年に呉鎮守府参謀長となる。日清戦争の高陸号事件ではイギリス仕込みの国際法の知識に基づく行動が正しかったことが証明され世界的に有名になった。日清戦争後も一時病床に伏す。そのため東郷は海軍内にあっては本流ではなく傍流であり、病気がちで目立たない存在と見なされていた。 

 

第4期

50歳で中将になった。51歳で佐世保鎮守府の司令長官に就任。53歳の時、新設の、舞鶴鎮守府初代司令長官に就任。この人事は閑職への移動とよく言われるが、実際は対露戦を想定したロシアのウラジオストク軍港に対峙する重要ポストだったようだ。東郷本人は中央への移動を希望していたという。

 

 

※MEMO

  A;誕生数

    f:id:KATAZINO:20200216225554p:plain

   f:id:KATAZINO:20200216225613p:plain

 

 

   B;運命数

f:id:KATAZINO:20200216225754p:plain

 

   f:id:KATAZINO:20200216225806p:plain

 

 

  C;実現数     

 

  実現数 = 誕生数 + 運命数 = 4 + 6 = 1  
 

 

 

※参照
 

ja.wikipedia.org

 

黄昏怪奇譚 『運の不思議。東郷平八郎山本五十六にみる運の良し悪し』

tasogarekowai.blog.ss-blog.jp

 

www.ifsa.j

 

 

2016年 強運東郷平八郎と東郷坂歴史散歩 

yamada-horitu.d.dooo.jp

 

 moto14.com

 

 

www.maesaka-toshiyuki.com

 

 

武田鉄矢 今朝の三枚おろし テーマ『運という技術』1週間まとめ 

 www.youtube.com